初めまして。横須賀ぷらから通信です。

【三浦海岸】ペット可ホテルから丘を上り、海の見える夕暮れの農道を歩く(カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナ)

前回の記事では、「三浦海岸」駅から高台へ上るお散歩コースを紹介しました。本記事はその続き、前回のゴール地点から取材日の宿まで帰るコースです。

ただ、そのまま続きとするのもつまらないのでゴール地点から逆再生をしてみようと思います。宿に帰る人ではなく、宿からお散歩に出かける人視点。三浦海岸の砂浜も魅力なのですが、それだけではない三浦半島をぜひ見ていってください。

逆再生のスタート地点、カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナ

下浦周辺にいくつかあるペット可ホテルのうち、「カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナ」に宿泊したときにこの散歩コースを見つけました。ホテルから海岸まではほんの1分くらいなのですが、海ではなくあえて逆方向に行ってみたらどうなるだろう? という趣向です。

今回の散歩コース

三浦海岸_カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナから山の上を歩く - Google My Maps
三浦海岸_カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナから山の上を歩く

海沿いから一気に急坂を上り、そのまま畑の中をぶらぶら歩いていきます。人間だけなら1時間程度のコースです。

S字坂を上る

ホテルを出て海へと向かう道を曲がらず、そのまま川を渡って次の角を左へ。

道は住宅地のほうへ向かいます。少し進むと住宅が途切れて上り坂が始まります。

S字クランクと急坂の魔合体

ちょっときついですが頑張って上ってみましょう。そうすると……

畑の向こうに海が

ぽっかりと海が見えます。対岸のように見えているのは野比海岸〜久里浜方面。もう少し元気を出して上りきってみると……

左右に開ける海

右から左まで東京湾。向こうには房総半島が見えます。ところどころ視界が木立によって遮られているのも、また緑の多い三浦半島らしくて良いと思える眺めです。

この坂道は途中まで三浦市のカーブミラーが設置されていて、おそらく市道という扱いになっているようです。ただしここから先は正真正銘の農道。農作業をする車の通行を優先するため、お散歩は夕方以降にすることをおすすめします。

春霞の中、ぼんやりと溶け合う海と空

晴れた夕方であれば、山のほうに沈む夕日の照り返しで赤く染まる空を見ることができるはずです。取材日は残念ながら……のお天気でしたが、ぼんやりと霞む風景も風情がありました。

もう少し歩くと畑の向こうに高台のマンション群が見えてきます。さらにその奥右手には津久井浜・長沢方面が。夕暮れに歩くと沿岸の照明がまたたきはじめ、少しずつ夜になっていくさまを楽しむことができます。海沿いの明かりって、ちょっとノスタルジックな感じがします。

春はキャベツ、冬は大根の広い畑の中を歩く

さらに進んで振り返ったところ

うねうねと農道は続きます。ちょうど春キャベツの収穫が始まったタイミング。苗が植わったばかりの畑もありました。たくさんのキャベツがどんどん元気に育っているさまを見ると元気をもらえる気がします。

ちなみに、このあたりまで来るとほとんど海は見えません。逆に今いる場所から戻るルートを歩くと(実際のわたしは記事とは逆ルートで歩きました)、眼下に突然海が見えて感動します。やっぱり三浦半島は緑と青のコントラストが良いとつくづく思います。

さて、この道をそのまま歩くと国道134号線に出ます。右に坂を下っていくとマクドナルドのある「三浦海岸」交差点、左にずっと行くと「引橋」交差点に出ます。今回は134号線を渡り、少し右手に行ったところにある角で左に曲がりましょう。

十字路が現れました

人の多いエリアに近づくにつれ、農道があちこちから集まってきて交差点が登場。この画像は右手から歩いてきて、今いる位置に向けて道を曲がって振り返ったところです。周り一面が畑なので、ついうっかり道を間違えてしまっても気づかないのが農道の醍醐味であり、どきどきするところでもあります。記事冒頭のマイマップで位置を確認してみてくださいね。

再び一般道に出ました

農道が終わって一般道に出ました。こちらは今来た道を振り返ったところ。続いてはこの交差点を右(画像の向きで言うと左)へ曲がり、京急線をまたぐ跨線橋へ向かいます。前回の記事の終わり部分です。

歩道の狭い道路を進みます

勾配のある地形に畑、そしてすぐ近くまで住宅地。丘を下ったらすぐに海があるだなんて、知らなければ気づきもしなそうなのどかな風景、三浦っぽくてわたしは大好きです。

このまま道をまっすぐ進んでいくと京急の跨線橋まで辿り着きます。引き返して同じ道を帰っても良し、線路沿いの道に降りてから海岸に出るルートで帰っても良し。実は距離はどちらもそこまで変わりらず、人間だけが歩いて計1時間ほどの散歩道です。お好きなほうをどうぞ!

犬連れならここに注意

ゴール地点、跨線橋の京急線ビュー。赤い電車が走ってくるのを待つのも良し

今回のわたしもそうですが、カーロ・フォレスタ三浦海岸アレーナに宿泊する人はたいていがペット連れ。犬連れで散歩コースを探している人も多いはずです。

すでにお伝えしてあるとおり、このルートは基本的に農道です。そのため日陰も水分補給ができる場所もほぼありません。コースの到着点付近にある小松ヶ池公園には水道がありますが、そこまでは何もないと思っておいてください。晴れた日、とくに気温の高い季節は要注意です。

小松ヶ池公園
河津桜の名所 自然を楽しむ公園として、バードウォッチングや自然観察を楽しむ人が多数訪れています。 2月から3月にかけては、早咲きの河津桜の「桜まつり」が開催され、多くの人で 賑わいます。

農作業の邪魔をしないという意味でも、犬の安全に気を遣うという意味でも、夕方以降のお散歩をあらためておすすめしておきます。無理なくのんびり、三浦半島散歩を楽しんでくださいね。

赤星友香
赤星友香

横須賀ぷらから通信主宰。クロシェター / ライター。普段はpiggiesagogoという屋号で編み図を作ったり、別館1617という自主レーベルで本を作ったりしています。横須賀育ちの北関東在住で、わりとつねに三浦半島に行く口実を探しています。

タイトルとURLをコピーしました